北海道にある小さな印刷屋より
仕事にまつわるお話を綴っております。
Profile
Search this site.
Nara Printing
MOBILE
qrcode
Others
印刷業界のコト

 ども、「ならぷりJOBろぐ」を管理しております、のりぽんです。
第3回目は印刷業界のコトです。

第二回目でも書きましたが、私が印刷業界に入ったのが
25年ほど前、当時は印刷がどのように行われているのかも
知りませんでしたが、たまたま入社した写真事務所が印刷所を
併設しており、そこで印刷の仕組み等を覚えました。
で、現在に至るまで、どうにかやってきてるわけですが
まあ、25年前では考えられないくらいに様変わりしましたねぇ…

25年前にもパソコンと呼ばれるものはありましたが
まさか、そのパソコン上でデザイン等が出来る様になるとは
思いませんでした。

 ← こんなの

25年前はラフ描いて、写植打ってもらって版下作成して
色指定して、色校正出してもらって…と印刷に至るまでに
結構時間がかかりましたが、今では今日原稿もらって簡易色校正まで
作成して、明日には確認して印刷なんてコトも普通にありますから
昔を知っている人達にとっては信じがたい世の中ですね。

また、昨今ではペーパーレスの風潮もありまして
紙に印刷するのではなく、データとして納品なんてコトもありまして、
このままでは印刷自体が無くなってしまうのかなぁと…不安にもなりますが、
私が思うには紙媒体と言うのはなくならないと思うのですよ。
実際、本屋さんなんかに行くと、老若男女たくさんの人達で溢れている、
やっぱり紙媒体を必要としている人達はたくさんいるんだと思うのです。
パソコンやタブレットの画面では味わえない良さが紙にはあるんだと思います。

 

今後も、この業界はどんどんデジタル化が進み変化していくとは思います。
当社でも、導入できる部分は積極的に取り入れ、時代の波に乗り遅れない様
対応していくつもりです。でも、人と人の繋がりなどアナログな部分は、
無くさない様にしていきたいと考えています。

では、次回はチラシのコトについて、お話ししてみたいと思います。

| お仕事 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
DTPのコト

 ども、「ならぷりJOBろぐ」を管理しております、のりぽんです。
第二回目はDTPのコトです。

現在、デザインや製作の現場は、ほとんどがパソコンを導入し
DTPによる製作となっていると思いますが、私がこの業界に首をつっこんだ
25年ほど前は、まだ手作業による版下作成作業、製版部門による色校正が
一般的だったと思います。私も手作業でラフを作成して、お客様と打ち合わせをしてました。

そして20年前、札幌のとある求人広告出版社に転職しMACに出会いました。
いわゆる三種の神器(Quark・Illustrator・PhotoShop)たちもそこから使い始めました。
当時はモニタ一体式のClassicでハードの容量は40MB(GBじゃないですよMB)。
内蔵メモリは1MB(これもGBじゃないですよ)だったような気がします。



これでも十分仕事できていたんですよね、今じゃ考えられませんけど…
まあ、当時は大手印刷所も出力に対応していませんでしたので、一度出力センターで
印画紙やフィルムに出力してから入稿でしたので、手間的な部分ではそれほど
メリットがあったとは言えませんでしたね、フォントもPSが基本で高価でしたので、
使用できる書体は限られていました。ほんと、よくやってたなぁ…

その後、結婚情報誌の編集部や、パソコンユーザーサポートなど職歴を経て
現在は結婚を機に、嫁さんの実家の印刷会社に転職し、Windowsによる
システムでCTP(PS版出力)まで行っております。
ずっとDTPに関してはMACで仕事をしてきましたので、最初は若干戸惑いましたが
慣れちゃうとMACより使いやすいですし、なにしろフォントがTrueTypeが
基本で行けますからDTPのシステム自体がMACに比べると圧倒的に安価です。
アプリケーションも三種の神器をはじめ、Windows版がないものは少なくなりましたので
これから、DTP導入等を考えている方がいましたら、ぜひ、Windowsでのシステムを
オススメします。なかなかイケますよ…。

と、言うことでDTPについて書いてみました。
次回は、印刷業界のコトについて書いてみたいと思います。
ではでは

| DTP | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
デジカメのコト

お初です。

「ならぷりJOBろぐ」を管理しております、のりぽんと申します。
仕事は営業・写真撮影・デザイン…と何でもやっております。

ここでは、印刷のお仕事のコト、そうじゃないコト織り交ぜながら
書きつづるコトに致します。時間に余裕がありましたら読んでやってください。

で、第一回目はデジカメのコトです。
私が一番最初に購入したデジカメは、S社の35万画素、4MB内蔵メモリの
ものでした。

今じゃケータイにも1,000万画素超のものが搭載されてますから
びっくりするような低スペックのものですね、それでも7万円位したと思います。
当時、これで撮影していると、結構羨望の眼で見られたのを覚えています。

でも、今じゃケータイにまで普通に1,000万画素を超えるデジカメが搭載されているわけで
ちょっとここ数年の進歩には驚きを隠せませんねぇ…

当社は、元々、私がカメラマンをやっていたこともあり、割と早くからデジタル一眼レフを導入し、
仕事に活用してきました。




今でこそ、記録メディアも安くなりましたので一度の撮影で
ものすごく数多くシャッターを切りますが、導入当時はまだまだ記録メディアが高かったので
数枚しか持っておりませんでしたので、撮影するにもフィルム時代と同様に残り枚数を計算しながら
撮影していた様に思います。

現在、C社のデジタル一眼を使用しておりますが、購入から4年が経過しており
買い換えを検討中ですが、こう毎年毎年モデルチェンジをされますと
替え時が難しいですねぇ…昔のフィルム時代はこんなコトはなかったんですけどねぇ…

これからのデジカメの進歩が楽しみでもあり、不安でもあるのりぽんでした。
では、次回DTPについてちょっとお話しいたします。

 

 

 

| お仕事 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ